4SiteLogo ECサイト構築 〜今後〜  
4サイトトップメニュー

オンラインショップ構築
ECサイト構築
ECサイト構築で成功するために
ECサイト構築で失敗する例
ECサイト構築で知っておく事
ECサイト構築の条件
ECサイト構築の今後
ECサイトの商材募集

4サイトLeftMenuTop
オンラインショップ構築の特徴

オンラインショップ構築の概要

オンラインショップのデザイン

オンラインショップ構築
のショップイメージ


オンラインショップ構築
の管理画面イメージ


オンラインショップの仕様

オンラインショップ構築
の導入フロー


オンラインショップ構築の価格

オンラインショップ構築
の実績例


オンラインショップ
と基幹システムとの連動


4サイトLeftMenuBottom


4サイトContact
Contact!

弊社ECサイト構築サービスやメーカー様のオンライン販売業務提携等のお問い合わせはこちら。
4サイトbox
ECサイト構築の展望 ECサイト
Top >ECサイト構築の展望

■ECサイト構築の展望


ECサイト

日本のECサイトの今後は容易に予測がつきます。Web業界自体がアメリカの後を常に追っかけてきたことから、今のアメリカにおけるECサイトの事情は、おそらく日本の2〜3年後の状況とみています。

ECサイトの集客には、やはり検索エンジンが大きく影響をする存在であることは言うまでもありません。そして検索エンジン側も、それをよく理解しているため、あの手この手で収入源を確保してきています。その結果サイトオーナーにとっては非常に厳しく、検索エンジン側にとっては非常にビジネスポテンシャルのある状況となってきました。

例えば米Yahooは、新規サイトに関してキーワード連動型クリック課金広告以外でも、通常の検索結果に対してクリック課金を行うという動きをとっています。またそもそも通常の検索結果に表示させるために、それ専用の費用が必要になっています。

ECサイト

実際、今アメリカで集客力のある新規ショップを立ち上げようとした場合、かなりの費用と期間を要するようになってしまいました。また楽に勝ち続けることはできず、常に金銭的負担を強いられます。勿論収益性があればそれでもメリットはあるのですが、同時に優れたキャッシュフローも要求されます。

そして今後はこういった状況がより進行していくことは明白です。今から総じて言えることは、早い時期に勝ち組みに入り、高い収益率と良いキャシュフローにビジネスを昇華させたものだけが生き残り、それができなかったものは淘汰されるということです。

つまり莫大な予算の組める一部の大手企業を除いては、比較的投資額が低くとも成功できるチャンスのある今の内に、自社のオンラインビジネスを確立しておく以外に生き残る術がないといっても過言ではないと思います。

 
4サイトECオンラインショップ Top   FAQ(よくある質問)   お問い合わせ   会社案内   サイトマップ   
Site (C) 2005 - 2011 Ace Inc. (Artisan Crew Engineering Inc.)  ++LW Server
サイトマップ・Sitemap 会社案内・About4site お問い合わせ・Contact よくある質問・Faq 4サイトECオンラインショップトップ・Top